月の土地

月の土地

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
月の土地が買えるって知ってました?







嘘のような本当の話、僕でも買えちゃう、もちろん貴方にも。


詳細はこうです。

********************************

 こんなビジネスを考え出したのは、現アメリカルナエンバシー社CEOのデニス・ホープ氏。


 ホープ氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。


 この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。


 そこでホープ氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関において所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。


 ホープ氏は、念のため月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かったので、晴れて LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立し、『月の土地』を販売し権利書の発行を開始しました。

※詳しくは、ルナエンバシージャパン

公式サイトで。
********************************



なるほど。月の土地が買えるのは解った。


でも、土地と言うからには、我々が気軽に購入出来るような値段ではないのではないか。。。



いえいえ、それがびっくり!!



1エーカー(1200坪)がなんとたったの2700円で買えちゃうんですぅぅぅ!!



1エーカー(1200坪)っていうと、大体、サッカーグラウンドと同じくらいの広さなのです。



そうです。たった2700円で、サッカーグラウンドのくらいの広さの土地がかえちゃうのです!!


もちろん、月の土地を買ったからといって、月の土地に家を建てて住めるわけではありませんが、


贈り物や、何かの記念にぴったりの商品(?)ではないでしょうか?


ちゃんと、月の土地の権利書も付いてるから嬉しいですね♪


あなたも月の土地を買って、月の大地主になりましょう!



月の土地の購入は、ルナエンバシージャパンへ!





あっ、そうそう。


アメリカで始まった、月の土地の販売。創業者のホープさんは、みんなに沢山土地を持って欲しいという思いから、手軽に買える値段になっているけど、


便乗して、偽者を販売する業者がいるんだって!!


国連もアメリカも旧ソビエトも認めた、月の土地を販売し、権利書を発行できる会社は、ルナエンバシーだけですよ!!


日本では、ルナエンバシージャパン

しか、月の土地が買えないのでご注意を!









スポンサーサイト

テーマ:商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

このページのトップへ

FC2Ad

Information

アボカ堂
  • Author: アボカ堂
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

アボカ堂

Author:アボカ堂
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。